【ワンルームで一人暮らし】狭いキッチンの収納DIY!調理器具の整理術を伝授!

Pocket

一人暮らしで自炊をしようと考えている人はいるのではなしでしょうか。

ただ、ワンルームや1Kの狭い家でキッチンも小さいという方は多いと思います。狭いキッチンだと調理器具や食器の収納に困りますよね。

今回は、約17㎡のワンルームで一人暮らしをしている私が狭いキッチンの収納術を伝授していきます。

Sponsored Link

狭いキッチン ビフォー・アフター

私の狭いキッチン(Before)

私が使用しているキッチンにはIHコンロ1口、その横に30cm×40cm の流しがついています。

キッチンの横幅は約90cm、コンロの下には備え付きの冷蔵庫が置いてありました。

流しの上には、小さい水切り(写真では外しています)と収納が、流しの下には扉付きの収納があります。

 

多少収納の位置や大きさは異なるかもしれませんが、ワンルームや1Kの狭い家はこのサイズのキッチンが最低サイズだと思われます。

これより狭いとなると、元々コンロが付いてなく自炊しない人向けの物件だと思われるので、今回紹介する収納術はあまり参考にならないかと。

私の狭いキッチン(After)

下の画像が現在の私のキッチンです。

料理する上で必要な調理器具や食器、調味料等はこの狭いキッチンに収めることができました。

ここからは具体的にに使用したアイテムや収納術を紹介していきます。

【DIY】狭いキッチンの収納術

調理器具は100均の突っ張り棒と網を使って出しっぱなし収納に

まずは、料理するときによく使う調理器具(菜箸、包丁、お玉、炒める用のヘラなど)の収納について。

これらの調理器具はよく使うので一番取りやすい場所に置きたいでしょう。

多くの家庭で引き出しにしまう、瓶にまとめていれるというのが一般的だと思います。ですが、私の物件のように狭いキッチンだと、瓶を置くスペースがなかったり、そもそも引き出しがついていなかったりしますね。

 

そこで私は100均に売っている網と突っ張り棒を駆使し、調理道具の出しっぱなし収納を完成させました。

網と突っ張り棒はどこの100均にも売っていると思いますが、私はダイソーで購入。ダイソーでは網のサイズに適したフックも売っていて、調理器具をかけるのにこのフックも必要となります。

網と突っ張り棒は結束バンドでつなぎ、突っ張り棒で上下を固定します。

フックを網に固定し、後は必要な調理道具をかけるだけ。

鍋とフライパンの蓋もよく使うので、フックをうまく使いかけられるようにしています。

菜箸や箸、スプーンを入れるための容器も網に引っ掛けています。

100均で網と突っ張り棒を買う前に、キッチン台から天井までの高さ、コンロがある部分の奥行き横幅を図っておくことをおすすめします。

注意!

私の物件にも注意書きがありましたが、コンロ周りに可燃物を置かないように気をつけてください。

基本的に網や突っ張り棒、調理器具等は不燃物でできているものがほとんどなので燃える危険性は低いと思いますが、DIYをやるときは自己責任でお願いします。

この物件はIHということでガスコンロの物件で火事の危険性があるかないか断定できかねます。

ただ、コンロまわりに物を置くよりも、このようにある程度高さがあるところに収納したほうが火事の心配は低いと考えています。

お砂糖の紙袋やふきんなど可燃物をコンロ横に置きっぱなしにしておかなければ大丈夫だと思いますが、調理するときは料理から目を離さないように心がける必要があるでしょう。

収納を設置し料理するときは十分に気をつけてください。

Sponsored Link

備え付けの冷蔵庫は押入れに!

私のところのように備え付けの冷蔵庫がついている物件があります。

自炊する人はこれでは小さいので新しく冷蔵庫を購入するでしょう。そうなるとこの小さい冷蔵庫が邪魔ですよね。

私はこの冷蔵庫を押入れに入れ、空いたスペースに食器や鍋、フライパンを収納しました。収納には楽天市場で購入した4段ラックを使用。

この他に空き缶用の小さいゴミ箱や水切り用のボウル、玉ねぎ、じゃがいもなどの常温保存の野菜を置いています。

備え付けの冷蔵庫には、シャンプーや洗剤などの生活雑貨を入れています。

シンクの上は突っ張り棒でスポンジやふきんを吊るす

シンクの上の水切りは取りはずし、突っ張り棒をつけてスポンジやふきん、ゴム手袋を吊るしています。

食器洗いに使うスポンジやシンク周りを拭くのに使うふきんは、乾きやすいように吊るしておくことをおすすめ。

ゴム手袋をする理由としては、食器洗いにお湯を使いたくないということが挙げられます。

冬場は素手で食器を洗うのが大変なので光熱費を節約したい方はゴム手袋をすることをおすすめします。

この他に、シンク掃除用ブラシとフライパンの油汚れを拭く用に洗えるキッチンペーパーを吊るしています。

扉収納の中は2段に

シンク下の扉収納の中にはには排水管があり、そのままの状態ではほとんどものが置けません。

ですから私は、楽天市場で見つけた2段ラックを使い米や保存容器、使う頻度の低い調理器具などを入れています。

このラックは排水管をはさむことができるので非常に便利です。

キッチン横収納を有効活用

この他の収納として、キッチン横にスマートワゴンを置いています。ここには油や調味料、生ゴミを入れるためのビニールなどを置いています。

滑車がついているので、引き出しのような使い方が可能。使いたいときだけ前に引っ張ることができるので非常に便利です。

私が使用しているワゴンは横幅が12.5cmと狭いキッチンには使いやすいアイテムだと思われます。

ちょうど冷蔵庫の横になるので、ワゴンの上にはマグネットでくっつくまな板置きを設置。

最後に

以上、ワンルームの狭いキッチンの収納術についてまとめました。

これらの収納で冷蔵庫に入れるもの以外のものはだいたい収めることができるでしょう。

狭いキッチンだと備え付けの収納だけで、調理器具や食材、調味料を収めるのは大変です。

しかし、突っ張り棒、ラック、ワゴンなどをうまく利用することで意外にも有効活用ができるということを知っていただけたらと思います。

狭いキッチンで収納に悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA