3点ユニットバスの掃除方法!一人暮らしの水回り掃除グッズを紹介!

Pocket

一人暮らしの安い物件のワンルームや1Kには、トイレと風呂が共同になっている3点ユニットバスが一般的ですね。

今回は、一人暮らしの水回りの掃除の仕方ということで、3点ユニットバスの掃除方法を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

3点ユニットバスの掃除グッズ

まずは3点ユニットバスを掃除するときに、筆者が使用しているものを紹介。

写真に写っている物は以下のお掃除グッズ。

3点ユニットバスの掃除方法!

ここからは具体的な掃除方法を紹介します。

youtubeにも掃除風景を載せたので、よかったらご覧ください。

YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/channel/UCdyejEI_hWR6RyQ-0x-ZdRQ

掃除を始める前に

掃除を始める前に、邪魔なシャンプーやボディーソープなどのお風呂グッズと歯ブラシグッズをバケツに入れて外に出します。

このときにトイレマットやフタカバーは洗濯、シャワーカーテンはバスタオルをかける用の突っ張り棒に引っ掛けて邪魔にならないようにしておきます。

 

トイレットペーパーとホルダーはあまり濡れないのでそのままにしておきます。

Sponsored Link

バスタブクレンジングでユニットバス全体を掃除

最初はバスタブクレンジングでユニットバス全体を掃除します。

この洗剤を壁や床、便器の外側などに噴射し、3~5分ほど放置。そのあとシャワーで流します。

3点ユニットバスのメリットであるトイレ側にも排水溝がついていることを利用し、トイレ周りの掃除にもシャワーを使用。

浴槽や壁に残った水垢はバスマジックリンで掃除

バスタブクレンジングだけでは、浴槽や洗面にこびりついた汚れや垢が取れない印象なので、バスマジックリンとスポンジを使用し、仕上げを行います。ついでに椅子の掃除も行います。

洗剤とスポンジで浴槽や洗面がきれいにできたら、もう一度シャワーで流します。

鏡はワイパーで水気や汚れを取る

鏡はワイパーで汚れや水気をとります。

私自身以前までは鏡のところは特に何もせず放置していたのですが、意外と汚れやカルキが残りやすいことに気が付き掃除をはじめました。

ワンルームやワンKの狭い部屋で唯一鏡がある場所だと思うので、きれいにしておくのがよいでしょう。

便器の中は流せるトイレブラシで

便器の中は流せるトイレブラシで清掃。

このアイテムは、ブラシの先端に洗剤がついているため、特に何もつけることなく清掃できます。

また、ハンドルがカーブしているため100均のトイレブラシでは届かなったところもブラシが届く形状になっており、便器の隅々まで掃除できる印象。

それから、名前の通り掃除した後に先端部分が水にながせるので非常に便利です。

クイックルワイパーで水気を取る

掃除が終わったら、換気扇を回してしばらく放置します。こうすることである程度水気を取ることができます。

 

仕上げとして、クイックルワイパーに乾拭きタオルをつけて、トイレ床の水気を取ります。

浴槽は水気が残っていても問題ないですが、トイレ床に水が残っていると使うときに濡れてしまうので拭き取ったほうがいいでしょう。

最後は、お風呂、歯ブラシセット、タオルなどを元にもどして3点ユニットバスの清掃が完了です!

まとめ

いかがだったでしょうか。

3点ユニットバスはトイレと浴槽が共同になっているだけに定期的に掃除する必要がありますね。

ただ、トイレと風呂が別になっている物件よりも掃除は楽だと思います。トイレ周りにもシャワーが使用できるのは非常に便利です。

3点ユニットバスを掃除するときにぜひ参考にしてみてください!

 

3点ユニットバスの収納術やメリットデメリットについて下の記事にまとめています。合わせてご覧下さい。

3点ユニットバスのメリットとデメリット!収納術や快適に使う工夫を伝授!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA