一人暮らしに最低限必要な調理器具は?購入場所やおしゃれに見せる工夫も紹介!

Pocket

一人暮らしを始めるにあたり、本格的に自炊をする方も多いのではないでしょうか。

そうなると、どんな調理器具が必要か気になるところですね。

今回は優先順位をつけながら最低限必要な調理器具から、あったら便利な調理器具まで紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

一人暮らしに必要な調理器具は?

最低限必要な調理器具

まずは使用頻度の高い調理器具から紹介。

  • フライパン(蓋付き)
  • 鍋(蓋付き)
  • 包丁
  • まな板
  • ざる
  • お玉
  • 菜箸
  • 調理スプーン/ヘラ/木べら
  • ターナー/フライパン返し

フライパンは直径24cm前後がおすすめ。目玉焼きやハンバーグを焼くときなどに使用するため蓋がついているものが良いでしょう。

鍋は直径18cm前後、片手鍋が持ち運びが楽なのでおすすめ。フライパンと同様に蓋がついているものが良いですね。

 

IHコンロの物件で一人暮らしを始める方は、使用するフライパンや鍋がIHに対応しているかチェックしておく必要があります。

一人暮らしではステンレス製の三徳包丁が一番使いやすいと思います。筆者が使用しているアマゾンで購入したヴェルダンシリーズの包丁が2,500円前後で評価が高く、おすすめしている方が多いのでコスパ最強包丁と言えます。

長さは16~17cmくらいが丁度いいでしょう。

DSC_0232

まな板も必須ですね。

素材は筆者が使用しているようなポリエチレン製のものと木製のものがあります。手入れがしやすいのがポリエチレン製、おしゃれに見せるなら木製といったところでしょう。

狭いキッチンでは、まな板が収まるか快適に使えるか、事前に置くスペースのサイズを測っておくことをおすすめ。

ザルはパスタやうどん、そばなどの麺類を茹でた後に使用、野菜を洗うときにも使用しますね。筆者が使用しているものはザルとボウルが一体になっており、水切りが非常に楽なのでおすすめ。

お玉は、お味噌汁などの汁物をすくうときに使用。

菜箸はシリコン製のものがフライパンを傷つけないので便利です。後ろにスプーンが付いていると味見をするときに使い勝手がいいですね。

調理スプーンは、筆者が使用している無印良品のシリコン製のものが非常に便利です。チャーハンなどの炒めものをするときに使用します。木べらやヘラでもいいでしょう。

ターナーまたはフライパン返しは、目玉焼きをすくうときやハンバーグをひっくり返すときに使用。フライパンと接触することが多いのでシリコン製で傷つけにくい物がいいかと。

必要な調理器具(なくても最悪OK!)

ここではは、なくても最悪大丈夫だけど、比較的使用頻度の高い調理器具を紹介。

  • ボウル
  • 味噌こし
  • コルク鍋敷き
  • ピーラー

先程述べたように筆者はザルとボウルが一体になっている物を使用しているで、ボウル単体ではあまり使用しないですね。ただ、耐熱ボウルがあるとじゃがいもや肉をレンジで温めるときに使用できるので便利です。

写真のような小さいサイズのボウルは冷蔵庫に入れることもでき、一人分には最適なサイズかと思います。

味噌こしは、お味噌を溶くときに使用。なくても大丈夫ですが、お味噌はなかなか溶けないのであると便利。

コルク鍋敷きは、熱い鍋やフライパンを置くときに使用。

狭いキッチンだとコンロが一口のところが多いので、パスタを作るときなどフライパンと鍋を両方使うときに必須なアイテム

ピーラーは、人参やじゃがいもの皮をむくときに使用。包丁でも代用が可能ですが、ピーラーの方が時短できるでしょう。

筆者が使用している無印のピーラーはじゃがいもの芽を取る機能もついているので便利です。

あったら便利な調理器具

最後に使用頻度が低かったり、なくても十分なアイテムを紹介。

  • 電子はかり
  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • おろし器
  • アボカドカッター
  • お米とぎ棒
  • トング
  • ジップロック
  • 保存容器
  • 洗えるキッチンペーパー

電子はかりと計量スプーン、計量カップは、料理初心者や新しいレシピに挑戦するときは、使用するほうがいいでしょう。

おろし器は大根おろしやにんにく・生姜のすりおろしのときに使用。

正直、使用頻度は低いですね。一人分だと生姜一個を買ってきても余ってしまうので、最近ではチューブで代用しています。

アボカドカッターは、アボカドをよく食べる人はあると便利。筆者は100均のものを使用していますが、あまりうまく取れない印象。

お米とぎ棒は、その名の通りお米をとぐときに使用します。お米をとぐのが面倒だけど無洗米は嫌だ!という方におすすめ。

手でお米をとぐよりは時短でき、手も濡れないので冬場は特に重宝します。

トングはパスタを作るときに使用。麺とソースをあえるときやお皿に盛るときに便利です。

ジップロックはお肉をソースにつけるときなどに使用。

保存容器は作り置きしたいときなどに使用。一人暮らしだとその日に食べきれないことが多いのであると非常に便利です。耐熱容器のほうがそのままレンチンできるのでいいと思います。

また、お米用の保存容器もあると便利。3合だきで余ったご飯をこの保存容器に入れて、冷凍してしまうのがおすすめ。

キッチンペーパーは、肉や魚、野菜の水を切るときに使用。また、調理器具の拭き取りに使用します。

筆者は後者の使い道のほうが多く、油汚れがひどいフライパンを拭くときなどによく使います。

Sponsored Link

調理器具はどこで購入した?

筆者が使用している調理器具は以下の場所で購入しました。

通販サイト

  • フライパン
  • 包丁
  • まな板
  • ざる
  • ヘラ
  • 電子はかり
  • お米とぎ棒
  • おろし器
  • 保存容器
  • 洗えるキッチンペーパー

ニトリ

  • お玉
  • 計量スプーン
  • ジップロック

100均

  • コルク鍋敷き
  • アボカドカッター

無印良品

  • 調理スプーン
  • ピーラー

スリーコインズ

  • 菜箸
  • トング

実家から持っていったもの

  • ボウル
  • 計量カップ

その他の場所

  • 味噌こし
  • ターナー/フライパン返し

最初からいろいろな場所で調理器具を揃えるのは大変だと思いますから、まずは一箇所で必要最低限の調理器具を揃えてしまうのがいいかと。

初期費用を抑えたい方は100均で済ませてもいいかもしれません。ですが、値段相応の価値だと見ておくのがいいですね。

 

通販サイトは一つの調理器具に対して品揃えが多いので比較が難しいかも。

ニトリは必要な調理器具は全て揃っていてコスパが高い印象なのでおすすめ。

 

無印良品はシンプルでおしゃれなものが多いですが、値段が高い印象です。

おしゃれに見せるコツは?

色や柄を統一する

おしゃれの定義は人それぞれだと思うので難しいところではありますが、調理器具の色や柄を統一することできれいに見せることができると思います。

黒一色やシルバー一色の調理器具を選ぶと他の場所で購入しても合わせやすいでしょう。

 

通販サイトでは、「キッチンツールセット10点」など同じ柄の調理器具がセットで買えることもできるので、参考にしてみてください。

最後に

以上、一人暮らしに必要な調理器具を紹介しました。

最初から全部揃えようとすると大変だと思うので、まずは必要最低限のものから徐々に自分に必要なアイテムを足していけば良いと思います。

 

狭いキッチンでの調理器具の収納方法については下の記事をご覧ください。

【ワンルームで一人暮らし】狭いキッチンの収納DIY!調理器具の整理術を伝授!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA