洗濯の時短術&テクニックを紹介!便利アイテムや収納の工夫を伝授!

Pocket

家事の中でも洗濯を面倒に感じている人は、わりと多いのではないでしょうか。

今回は筆者が実践している洗濯するときの時短テクニックや便利アイテムを紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

洗濯の時短術&テクニック

洗濯するときに一番手間なのは、「干すこと」と「しまうこと」。

ですから、そこにフォーカスして時短テクニックを紹介していきます。

洗濯機の上につっぱり棒を設置

洗濯物を物干し竿近くまで持っていき、そこでハンガーやピンチハンガーにつけるのは少し面倒ですよね。

なので、その手間を省くため、洗濯機の上のデッドスペースを有効活用します。

洗濯機上を棚にして、タオルや洗剤などを置くスペースにしている方もいますね。

でも、今回はその用途ではなく、洗濯物を一時的かける場所として使います。

具体的な方法として、洗濯機の上につっぱり棒を設置。

こうすることで、洗い終わった洗濯物を一時的にかけておくことができます。

洗濯物をハンガーやピンチハンガーにかけるときの工夫

洗濯が終わったあと、あらかじめセットしておいたピンチハンガーに下着類やタオルをつけます。

上着やシャツもすべて一度ハンガーに掛け、つっぱり棒に吊るしておきます。

そして全ての洗濯物がセットできた段階で、洗濯物を物干し竿のところまで持っていくという流れです。

こうすることで、ランドリーバスケットに洗濯物を入れてそれを物干し竿に持っていく必要がなくなります。

洗濯機からランドリーに入れ、そのランドリーを運び、ランドリーから取り出した洋服をハンガーにかけるという作業は非常に無駄だと思います。

それから、洗濯物をかけるときに、バスケットを室内に置いてベランダの窓を開けながら物干し竿にかけなくてはならないですね。

夏場は特に蚊が多いですから、できればその状況をなくしたいという方はいるはず。

そういう方にも、突っ張り棒を使った洗濯物干しがおすすめです。

ハンガーを物干し竿にかけるとき

物干し竿は一人暮らしでも2本あったほうがいいですね。

二人以上で生活している人は必須になるでしょう。

一人暮らしでも、洗濯物を溜め込んでしまったときや、雨で洗濯できない日が続いたときに何かと便利です。

バスタオルやシーツなど大きいものを洗濯したときに竿が2つあると便利に感じますね。

物干し竿を選ぶ際は、下がギザギザになっていてハンガーを個別にかけることができるタイプがおすすめです。

これにより風が強くても洗濯物が重ならいので、洋服が乾きやすくなります。

洗濯物をしまうとき

乾いた洗濯物をしまうときのコツもお伝えします。

まず、ハンガーに掛けてあった洋服は、とりはずさずそのままクローゼットにいれます。

着るときやお風呂に持っていくときにハンガーから外せばOK。

こうすることで、収納ボックスはオフシーズンの服を入れておくためのボックスのみにすることができます。

このやり方は、洋服が多い方にはあまりおすすめしないですね。

クローゼットのハンガーを書ける場所には限りがありますから、インナーシャツなども外にかけっぱなしにしておくのはもったいないでしょう。

下着や靴下、タオル類はピンチハンガーから外した後、たたまずに吊り下げ収納に放り込みます。

この吊り下げ収納を2列にするために、100均の収納ボックスを入れています。小分けしたい方はこのやり方がおすすめ。

特に問題なければ、そのまま下着や靴下を放り込んでしまっていいでしょう。

普通の収納ボックスだと、開けてしめるという動作が手間。

なので、普段よく使う下着やタオルは取り出しやすく、しまいやすくしておくことが時短のコツになると思います。

靴下は、同じ店で同じ物を複数本買えば、わざわざペアを作らずにしまっておくことができます。試してみてください!

Sponsored Link

洗濯するときの便利アイテム

上で紹介した洗濯時短テクニックで筆者が使用しているアイテムをいくつか紹介します。

ハンガー

ハンガーは多めに用意しておくといいでしょう。

普段の洋服をかける分だけでは、洗濯したときにハンガーがない!ということにつながるので多くあったほうが何かと便利です。

それから、筆者が使用しているすべらないハンガーは洗濯物を干すのにはあまりむいていません。

滑り止めがついているため、濡れた洋服が一発で袖を通らないことが多いです。

洗濯を時短したい方は、かけやすいハンガーの方がいいと思います。

つっぱり棒

濡れた洗濯物は重量がけっこうあるので、100均に売っている耐久度の低い商品はNG。

通販で売っているものやカインズなどホームセンターで売っているものがいいでしょう。

商品リンク:https://amzn.to/2WwuEGf

狭い部屋の突っ張り棒を使った収納アイデア!つけるときの注意や使い道を紹介!

物干し竿

物干し竿は先程述べたとおり一人暮らしでも2本、下にハンガーが吊るせるタイプがおすすめです。

商品リンク:https://amzn.to/2J4ixIv

収納グッズ

下着を入れるように吊り下げ収納と小分けするための100均のボックスがあると整理がしやすいです。

最後に

以上、洗濯するときの時短テクニックや収納アイテムについてまとめました。

洗濯を面倒に感じている人は多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください!

一人暮らし狭い部屋のレイアウト&収納術を紹介!広く見せる工夫も伝授! 洗剤ボトルの液だれしない&漏れないようにする方法!垂れない工夫を紹介!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA