【今こそ見るべき】映画コンテイジョンとコロナウイルスの類似点!キャストのメッセージも紹介

Pocket

今回は映画「コンテイジョン」をご紹介します。

この映画は2011年に公開されたアメリカのスリラー映画。

現在世界的に蔓延しているコロナウイルスの感染拡大状況とストーリーが似ていることから、再注目されている作品です。

まだ見てない方のために簡単なあらすじや、コロナウイルスとの類似点をまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

映画「コンテイジョン」

あらすじ

ある日香港から帰ったアメリカ人女性ベスは咳と熱で体調を崩し、数日後に死亡。同じような症状を見せた人々が世界各地で続出する。原因不明の感染症が驚異的なスピードで世界中に広まりパンデミック状態に。米国疾病対策センター(CDC)とWHOが感染源の調査やワクチンの開発を進める一方で、ジャーナリストが政府が隠している事実を全世界に知らしめようとする。ウイルスが蔓延するのと同時に人々の恐怖心も拡大。パニックに陥った中で市民、アメリカ政府、医師、彼らはどんな行動をとるのか…

この映画は「オーシャンズ」シリーズや「ローガン・ラッキー」を手掛けたスティーヴン・ソダーバーグ監督の作品。

2011年に公開された「コンテイジョン」はコロナウイルスを予言した作品と言われるほど、感染拡大の様子や騒動における市民の行動がリアルに描かれています。

キャスト

出演者も豪華キャストです。

俳優 代表作
マット・デイモン オデッセイ
ケイト・ウィンスレット タイタニック
ジュード・ロウ シャーロック・ホームズ
マリオン・コティヤール インセプション
ローレンス・フィッシュバーン マトリックス
グウィネス・パルトロウ アイアンマン

まだ見てないは、今こそ見るべき作品。

フィクションではありますがコロナの状況と似ていますので、映像で見ることで意識が変わると思います。

コロナウイルスに対する危機感を強く持ち、今自分たちにできることを考えることができるでしょう。

 

コンテイジョン:https://amzn.to/2VaW7Lr

Sponsored Link

コンテイジョンのキャストがメッセージ

コンテイジョンに出演したケイト・ウィンスレットとマット・デイモンがコロナに対してコメント。

伝染病学者を演じたケイト・ウィンスレットは手洗いの仕方を、第一感染者の夫を演じたマット・デイモンは外出自粛について呼びかけました。

Sponsored Link

コロナウイルスと映画コンテイジョンの類似点

ここからは映画の内容に触れますので、まだ見てない方はご注意!

 

 

初動が遅い

コロナの状況を踏まえた中でこの映画を見ると、政府や医療機関の対応の遅さを感じてしまいますね。

確かに未知のウイルスということで対応が難しく慎重になるのはわかりますが、感染した人々を隔離しない限り増え続ける一方。

 

コロナのウイルスの発生源となった中国の武漢市も封鎖したときには、すでに遅く感染者を世界中に野放しにした状態でした。

日本でも政府の対応の遅さを感じていた人は多いでしょう。

驚異的なスピードで感染拡大

コンテイジョンでは香港を拠点に感染が拡大。一人の女性を中心に彼女に接触した人、彼女が触れたものを触った人が次々に感染していきました。

コロナが同様に驚異的な速さで感染が広がったのも、映画のように自分が感染していると知らず、他人に接触したり手すりやエレベーターのボタンなどの公共施設に触ったりしたからではないでしょうか。

買い占め

日本ではトイレットペーパーやマスクの買い占めが話題になりました。映画でもジャーナリストが公表したウイルスの特効薬と言われる「レンギョウ」に人が殺到。

その他スーパーで買い漁る人も多く見られました。

感染症に不安を感じた人々がとる行動は今の私たちとリンクするところがあり、非常にリアルに感じましたね。

学校の休校

映画では第一感染者の息子が亡くなったのもあり、早い段階で学校が休校となりました。

現実世界でも多くの学校が休校延長になっているでしょう。

国境や州の封鎖

劇中、州を越えようとする親子が止められるシーンがありました。また、空港が閑散としている状態の場面もあり、感染拡大を防ぐため国境や州の封鎖が行われていましたね。

現実でも、世界各地で自由に行き来できない状態となっており、空港にほとんど人がいない映像がでています。

私たちにできること

映画を見て改めて気づかされたこととして、ワクチンの開発までに時間がかかるということ、現在進行形で医師や専門家が危険と隣り合わせで感染者の治療やワクチンの開発に努めているということ。

感染が拡大する中コロナを直す薬がない以上、私たち一般人ができることはできる限り感染者を増やさないことです。

 

映画のキャストがメッセージで言っていたように、手洗いうがいの徹底、不要な外出をしないことが大切。

また、劇中で言及されていたように、1日に顔を2000~3000回触れることが感染の原因と思われるので、不用意に顔を触らないことも意識するべきでしょう。

 

感染経路が不明な感染者が発生している以上どこにウイルスが潜んでいるかわからないので、公共施設を利用する際は、手すりやドアノブといった不特定多数の人が触れる場所は注意が必要ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コンテイジョン:https://amzn.to/2VaW7Lr

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA