ケーブル・コードの収納術!ごちゃごちゃした配線がスッキリするアイテムを紹介!

Pocket

充電器やテレビなどのコード/ケーブルがごちゃごちゃして、収納に困っている方は多いのではないでしょうか。

今回は、これらのコードや配線をスッキリさせることができる収納アイテムを紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

ごちゃごちゃしやすいコードやケーブル

写真を見てわかるように、電源タップにたくさんコードをつけてしまうと、すぐごちゃごちゃしてしまいますね。

テレビやゲーム機、パソコンなどの配線が集中するところでは、特にこのような状況の方が多いのではないでしょうか。

見た目の印象が非常に悪いので、これを見たらこの配線をどうにかしたい!という気持ちになりますよね。

ケーブル・コードの収納アイテム

筆者が使用している収納アイテムを2つ紹介します。

ケーブルボックス

まず一つ目がケーブルボックス。

ケーブルボックスを使うことで、このようにコードを隠すことができます。

コードが見えないのでスッキリしますね。ケーブルボックスの上がスマホの充電スペースにもなるので便利。

私が使用しているのはカインズホームで購入したボックスです。

縦の長さが42cmあり写真のイメージよりけっこう大きいのですが、6個口の長い電源タップの場合これくらい大きい収納ボックスでないと入りません。

 

以前までは100均のダイソーにもケーブルボックスが置いてあったようですが現在はない模様。

ニトリやイケアにはあるのでチェックしてみてください。

アマゾンや楽天などの通販にはいろいろなタイプの収納ボックスがあります。自分好みのものが見つかるかもしれません。

 

いずれも、自分が使用している電源タップや充電器が入るか事前に長さを測ってから購入することをおすすめします。私のように長い電源タップを使っている方は特に気をつけてください!

パソコンの充電器やUSBの充電器は大きいので、それらをつけてもフタが閉まるかどうかチェックしておいたほうがいいですね。

Sponsored Link

ケーブルカバー

もう一つの収納アイテムはケーブルカバー。

これを使用することで床の端にケーブルを寄せることができます。

ケーブルはまっすぐ張っていないものがほとんどだと思うので、そのままだと見た目が悪いです。足を引っ掛ける原因にもなりますね。

コンセントが遠い場所から延長コードひっぱてくる際にこのケーブルカバーが重宝します。

このようにくねくね配線をまっすぐにすることが可能。

こうすることで配線が気になりません。カーテンを閉めれば全く見えなくすることができます。

最後に

以上、ケーブルやコードの収納についてまとめました。

ケーブルボックスやケーブルカバーを使うことで、配線周りをスッキリさせることができます。

ケーブルのごちゃごちゃや収納に困っている方はぜひ使ってみてください!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA