【一人暮らし】整理整頓のコツは?物を散らかさないようにする工夫を紹介!

Pocket

ものが普段から散らかっていて、整理整頓ができない、やり方がわからないという方は意外といるのではないでしょうか。

今回は一人暮らしをしている筆者が、整理整頓のコツやものを散らかさないようにする工夫を紹介したいと思います。

Sponsored Link

整理整頓のコツは?

上の動画は私が住んでいるお部屋。6.5畳ワンルームの狭い部屋で暮らしています。狭いということもあって、収納や整理整頓は普段から意識していますね。

実際に私が心がけていることにフォーカスして整理整頓のコツをお伝えしていこうと思います。

物を減らす

まず、ものが散らかる原因としてものが多いからということが挙げられます。

ものを減らすだけで空間にゆとりが生まれ、片付ける物の数が減ります。こうすれば整理整頓や片付けが楽になると思います。

 

ものを減らす手段は捨てるか売るか。

捨てることに抵抗あるならメルカリなどで売るのがいいでしょう。

梱包したり購入者とやり取りしたり多少面倒です。しかし、ものを減らせる上にお金に変換できるのでやって見る価値はあると思います。

メルカリで売れると、達成感が生まれ、もっと売れるものはないかな?と探すきっかけにもなるのでやってみるのはありです。

物の定位置を決める

物の定位置を決めることも大切ですね。

使った後に戻す場所が明確ならば、散らかることは少なくなりますね。

定位置があれば、脱ぎっぱなしや置きっぱなしを避ける事ができるしょう。

 

定位置に困っているものは、収納ボックスに入れてしまうのが楽だと思います。

収納ボックスを3つくらい用意して、使う頻度に合わせて分類するのがいんじゃないでしょうか。

Sponsored Link

机や洗面台の上に置くものを減らす

物が散らかる場所として、床の他に机の上と洗面台の上が挙げられます。

ですから、この2箇所に置くものを減らすことが整理整頓につながりますね。どこを整理するか困っている方はまずはこの2箇所から。

この2箇所を定位置にしているものを減らすことも意識するといいでしょう。

ゴミ箱を割と大きめなサイズを複数用意

部屋が散らかる要因として、飲み終わった缶やペットボトルの容器、お菓子の袋などゴミをすぐ捨てる場所がないことが挙げられます。

なのでゴミが散らかるのを防ぐために、しっかりゴミ箱を用意することも大切。

缶やペットボトルのゴミ箱が多い人は、燃えるゴミの他にそれ用のゴミ箱も用意。

ゴミ出しを忘れためてしまうこともあると思うので、大きめなのがいいでしょう。一人暮らしでも30Lはほしいですね。

一人暮らしに必要なごみ箱のサイズと個数は?分別方法や生ゴミ入れも紹介!

どこに収納すれば一番使いやすいかイメージする

物の収納場所を決める上で、どこに収納すれば一番使いやすいかイメージすることも大切。

「〇〇をすぐ使うなら、ここに置いておく、かけておく、あるいはしまっておくのがベスト。ではそのためにどんな収納アイテムが必要か」と考えることができるでしょう。

roomclipやインスタグラムで収納方法を参考にする

自分で最適な収納アイテムを見つけるのは難しいので、snsを活用するのがいいと思います。

個人的にインスタグラムより「Room Clip(ルームクリップ)」がおすすめ。

ルームクリップはインテリアに特化しているので、参考になる収納アイデアが見つかるはず。

投稿者の部屋の広さや雰囲気がわかるので、自分の部屋に近いものを見つけることができるのもいいところ。

私自身、ルームクリップを参考にインテリアを考えました!ぜひ活用してみてください。

引っ越す&狭い部屋に住む

すぐできることはないですが、環境を変えると整理整頓もしやすいでしょう。

そして、できれば狭い部屋に住むことをおすすめします。

散らかる原因となる「物が多い」のには、それだけのスペースが部屋にあることが挙げられます。

狭い部屋のメリットとデメリット!6.5畳家賃3.5万で1年生活した大学生が感じたこと
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA