イチローの愛犬・一弓は他界した?現在の年齢や名前の由来&読み方も調査!

Pocket

現役引退を発表したイチロー選手。

今回は彼の愛犬・一弓について掘り下げていきたいと思います。

イチロー選手の犬について検索すると、「他界」と出てきますが、既になくなっているのでしょうか。気になる現在の年齢や一弓という名前の由来や読み方も調査していきましょう。

Sponsored Link

イチローの愛犬・一弓は他界した?

冒頭にも述べましたが、イチロー選手の愛犬・一弓について検索すると、「イチロー 一弓 他界」というキーワードがヒットします。

しかし、一弓はまだ亡くなっていません。

先日の引退会見で一弓について以下のコメントを残しています。

「毎日フラフラなんですけど、懸命に生きてるんですよね。その姿を見てたら、それは俺がんばらなきゃなって。これはジョークとかではなくて、本当に思いました。あの懸命に生きる姿」

イチローを支えた「愛犬」 会見で語った「感動」エピソード : J-CASTニュース

イチロー選手は愛犬の懸命に生きる姿を励みに努力していたんですね。

一弓の現在の年齢は?

一弓は2019年で18歳になります。これは人間に例えると100歳近い年齢です。柴犬は長生きしても16,17歳と言われていますから、いかに、彼が長生きしているかがわかりますね。

イチロー選手が第一線で活躍し続けることができたのには、彼の存在が大きかったでしょう。

 

2012年にプロフェッショナルの流儀に登場してから、度々イチロー選手のコメントからも愛犬について触れることはありました。

しかし、ここ最近はそういったコメントもなく、年齢的に考えて「もう亡くなったのではいか」という意味で他界疑惑が浮上したのだと思います。

まだ生きていることを知ってホッとした方も多かったでしょう。

Sponsored Link

一弓の名前の由来や読み方は?

まず、一弓の読み方はいっきゅうです。そのままですね。

一休さんをイメージする方が多いように日本らしさを感じる名前で素敵だと思います。

名前の由来については、イチロー選手の本名の「一郎」と奥さんの「弓子」から一文字ずつとってつけられました。

まさにふたりの子供のような存在ですね。

最後に

以上、イチロー選手の愛犬・一弓についてまとめました。

一弓は今年で18歳を迎え、柴犬の中では高齢ですが、元気にしているようです。

これからも奥さんとともに、イチロー選手の引退生活を支える存在でいてほしいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA