吉高由里子の事故前と現在の顔の違いがヤバイ?ニュース内容もチェック!

Pocket

「私、定時で帰ります。」に出演中の吉高由里子さん。

今回は彼女の過去の事故について見ていこうと思います。噂では吉高由里子さんの事故前と現在の顔の違いがやばいとか。事故のないようについて、当時のニュース記事も調査していきます。

Sponsored Link

過去に吉高由里子が交通事故に!?

吉高由里子さんは2007年に交通事故で顎の骨を骨折するという重症を負いました。当時のニュース内容がこちら。

てっきり「花子とアン」や、休業中の海外経験を挙げてくると思っていたら、2008年公開の映画「蛇にピアス」の撮影直前に起きた交通事故だと即答した。

 オーディションで同作の主演が決まった数日後に、事故であごの骨を折る重傷を負い、ICU(集中治療室)に5日間入院。降板はやむをえないと覚悟したが、製作側の答えは、まさかの「治るまで待ちます」だった。くしくも、死をも覚悟したその事故を通して、仕事がなくふてくされていた自分が、「いかに周りに助けられていたのかを知るきっかけになった」と振り返る。

 「それまでは、自分しか見えていなかったんです。事故の時は、寝返りもうてないし、ほふく前進とか、歩く練習もしたりして。めっちゃ痛い思いをして、かわいそうでしょ?みたいに思っていたけど、自分がけがして撮影が遅れることによって、知らない人が私のために、いっぱい頭を下げている。それを知って、私はなんてことをしているんだ、と。その時、以前の自分勝手だった行動を次々と走馬燈みたいに思い出してきて…」

吉高由里子を変えたもの/芸能ショナイ業務話 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ

吉高さんはこの事故で全治6ヶ月と宣告されますが、わずか1ヶ月で完治させてしまいます。すごいですね。

驚異的な早さで回復したのには、19歳という若さが大きいと思いますが、上の記事で語っているように、周りに迷惑をかけたくないという想いが強かったように感じます。

Sponsored Link

吉高由里子の事故前と現在の顔の違いがヤバイ?

顎の骨を骨折ということで、少なからず骨格に影響ができていると思います。

気になる事故前と現在の顔の画像を比較してみましょう。

まずは吉高由里子さんのデビュー作となった2006年の「紀子の食卓」の画像から。

可愛らしいですね。制服姿が非常に似合っていると思います。気が強そうな女子高生の雰囲気がありますね。

続いて事故後に撮影された蛇にピアス(2008年公開)。

顎の骨を折ったことを感じさせないほど、美しいですね。若干顎がシャープになったかなと感じますが、2年前と比べて美し差が増し綺麗になったと思います。

最後に2019年現在の吉高由里子さん。

事故から10年以上経っていますが、顔の印象は変わりませんね。30歳を迎え、より一層大人の女性に近づいたと思います。

最後に

以上、吉高由里子さんの過去の交通事故についてまとめました。

蛇にピアスの撮影前に事故に遭うも1ヶ月で完治。その後、顎の骨折の影響は出ていないように思います。

これからも、きれいな姿の吉高由里子さんが見られるといいですね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA